この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

春の音 思いの風へと 変わるかな

冬に蒔いた種は咲くのだろうか、
(まいたたねも一発変換できないポンコツマシーンはストレスの蓄積 書いて更にそうしていく
春の眠気がどこかへと誘うような、寂しくて心地よい生ぬるさ。
外へ向かって回る時計がまた一周り。
隣には12月前の私、前には明日の自分、でもよく見えない。
そんな頭痛を抱え、今も心地よい眠気がどこかへと誘う。

おわり。