この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

よのなかねかおかおかねなのよ(中古)

使い回された言葉 回文と言うものですが、この『顔』というのは見た目なのか、人脈なのか、どーなのか。それによって意味かわりますよね。
ああ平仮名だと回文にならないんですね、今初めて知りました。
世の中ね人脈かお金なのよ。
世の中ね顔の良さかお金なのよ。
上ならなんとどん詰まりの世の中だろう。
下でもどのみち運試し、いやいや
これに限らず、世の中金だ!とか世の中愛よ!とかはまだおいといて、(時は金なりとかはその通りだと思います、というか生き残ったものですね)
そういった言葉は淘汰の最中なのでしょう。
短い時間、お付き合いありがとうございました。