この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

見えない努力はナルシスト以外ただの無駄

最近はエゴイストというのですかね。ナルシストなら『見えない努力している自分』に酔えるのかもしれない。何かを習慣とするため、体とか本能に近いところに染み込ませるためのこととすればそれはもう完璧なことです。人前でアピールするような自己愛が強い人なら、それもそれで自由に活きていけます。

ああ結局ナルシストにならないとダメなんだ。屁理屈こねくりまわすと、ナルシスト指数5くらいがちょうどいいと思います。自尊心とか言葉を変えれば綺麗にはなりますね。

恐らく天敵の気配がなく、健康で、遅い時間に電気の明かりを頼って、文字を打つ。そういうことが"出来ている"から今がある。もしかしてエゴイスト/ナルシストなのかもしれませんね。それとも染み込んだものでしょうが。こういうものはいつ数値化されるのでしょう?
環境から自愛や運の数値を引けば、その人の努力の値もわかるのでしょうか。出来ること出来ないことの間には、努力以外なくなればいいと思います。

豊かな国と言いますが、明るい夜も染み込んだもので、努力しなくても入るものに価値はあるのでしょうか(命には代えられませんが)。それと見えない他人の行いは、存在しない過去として考えてしまう事は愚かなことではないでしょうか?他人の苦労と前文云々もありますが、他人がマイナスなことをしている/いた こともあります(わかった時に突然の裏切りのように感じます)

いい意味でも悪い意味でも
あなたの隣にいる誰かも、今までどういう風に生きてきたのでしょうね。