この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

いつも通っていたコンビニがつぶれた。(習慣のデメリット)

みんなそんなにお金儲けしたいのだろうか。(恐らく近くに店舗がいくつか増えたから)よくある〇〇激戦区とかもそう。
その店が、過去に別のお店を閉店の流れにしている可能性もありますが。帰り道便利なところだった。あの人やあの人はどうやってこの後生活していくのか。
自分の人生気にしろと言われそうだけど。(自分のところだって体力はあまりなさそう…)いつもより多めに買っては来た。まあ微々たるもの。
従業員の弱さ、まあロイヤリティには経営者も弱く、だいぶやられているでしょう。
街の中が全部同じチェーン店で埋め尽くされるなんて嫌だなあ。嫌だなほんとうに。店舗の数だけ社長が強欲なんだろうか。
同業異店舗がすでにあるなら、他の足りてない事業をすればいいのに。
まあ田舎の需要があるところにワープでもできればいいですね、将来。現行、山間部の移動販売してる人なんて素敵ですよね。利益なんか微々たるものなんでしょうけど。
こういうものに規制はないのだろうか。規制くらいしかしませんからね。景観を気にする人がもっと増えればいいけど、買う方もポイントがつく方にみんな行くものね。チェーン店のイメージや刷り込みによる心理的作用は、購買意欲に影響するでしょうが。買う方のメリットは感じません。カーナビや地図の密集具合は絶叫ものですし。
まあこれを機にスーパーに行こうと思います。トータルで安くなるでしょうし。


僕はasdのはしっこだから『いつもの所』を変えるのは正直負担に感じる。
仲良くなくても愛着は感じるもの。お人形に心はないというと冷たいのかもしれないけど。子供の時だって誰しも愛着を感じて生きている。
(まあ愛着のない人もいて、きっとナニかのカテゴリーに入れられてしまうんでしょうね)
これは他人のブログもそうであって、やめるなら『ブログやめます』くらいのタイトルで記事でも書きたいですよね。あくまで一方的ですが、あれこれ妄想してしまいます。


習慣すらできたらやりたいことは全部おっけーなんて、自己啓発に忙しい現代人ですが。
デメリットとしては こういうことですよね。特に自分の意に介しないモノや、替わりのあるもの(世間的に)。とうぜんかわりようのないモノなんてもっと嫌ですよね。
大事な人が突然居なくなっても『無責任に居なくなりやがって』と思うのでしょうかね。だから“前触れ”は最期の優しさであると言えます。
老けていくこともそうかもしれません。ブレーキも上手く使って徐々に停まらないと、乱暴で嫌われますし。

またせっかく身につけた習慣が、まったく役に立たなかったりしたら嫌ですね。
よくある 1日何個の英単語とか1日何冊読むとか。学生とか何かをするための事なら無理矢理でもさっさと習慣付けるべきですが。
『なんとなくやってみたい』とか決めないとできないならやる意味はあるのでしょうか?
それをするのが面白いからやるのであって、それをするのが好きな人には一生勝てません。もちろん明確な目標があればそこまでの苦
労するかいはあります。
適当に書いた他人の“自己啓発”に騙されるなんてばかばかしいです。
万人に役に立つのは『早起き』『日光浴』『歯みがき』 くらいなものです。


あなたの目標は明確ですか?または それは面白いですか?
(僕は早起きと歯みがき以外、面白いと感じることしかしていません。)


メラトニンなさい。