この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

『あんたも一緒に苦しもうよ』(“当たり前”が贅沢じゃなくて窮屈)

●当たり前に長時間働く
(自分はブラック人材なのでなにも言えませんが)
多数派が当たり前で少しの疑問も『弱音』とされてしまう。せめて“週30時間以上働いている人は社会保険加入が義務”これに罰則をつけてほしい。(今年の先に週20時間以上になっても〈他にも条件はあるけれど〉)時間の問題じゃなくて、会社側がそうするようにしないと意味がない。
性善説のしわ寄せは一般人が負担する。子育て中や、子育て終わりの人だっていざという時のために、扶養を抜けたいだろうし。一度転職を失敗すると国民年金になってしまって、将来の生活まである程度塞がれてしまう。
『本当は会社としては入れたくない』と現実に聞いてしまったし…。休暇も週一でいいけれど(出かけるお金ないし。ああ時間はあるけどお金がない人生なんて嫌だ。お金はあるけど時間がないよりはましだけど。)
記録上では働いてないことにしたりしているみたい。新しい人が疑問をもっても『ここはそういうところ』と見も心も腐っていく。ちゃんとした人がすぐ居なくなるところはそういう所なんですよね。
理想を捨てないと回らない社会なのでしょうかね。



●当たり前に生む
『みんな』が中流だった頃の“余裕”で生まれた人間の子孫。今そういう人は苦しいと思う。そんな弱っちい遺伝子を2~3代だけ増やす意味とはなんだろう。
もとの時代となれば、淘汰されてしまいます。当人は幸せの内大往生ですが、子供達の人生はずっと続きます。当然『人間の価値』なんて野暮なことは思いません。それに勉強不足でまだまだ知らない様な 人間の良いところのバリエーションはもっとあるでしょうし。
ただ沢山生んで、あとはどうにかなるだろうと、そういう考えは減ってきているかもしれないけれど。
またそれにも及ばない、結果的にシングルマザーを生み出してしまうような両家族もどうにかならないのだろうか。
人として人生への考えがまとまる前に、動物として『生殖』の期限が迫ってくる。人のそれはとても儚い。それが人を悩ませる。生き物のように、命すら危うい事はないと言えても。
人間の中の生き物としての行為は、何とも言えない節がある。所詮動物と何度も言われて来ているけど、ヒトとの間こ分析がまだまだ不充分だと思う。
現状春が来ても、ただ脳の根っこの方を満足させて遊んでいる。命の源が浪費されている。
このズレはいつ、なだらかになるんだろうか?
また晩婚が当たり前になったりして、早婚が何か言われるのだろう、メンドクサイわね。



●当たり前の贅沢
インフラが整っていたら贅沢?電気水道ガスが当たり前にあるから幸せなんでしょうか?電気があるおかげで、夜働けてしまう。夜働けてしまうからその人の身体に負担がかかる。
夜一人で出歩ける分、誰かが明るい店で働いていたりする。(もちろん給料はもらっているでしょうが)
土日とかシャッター街でもいいと思うのですが、土日、うちだけお店開ければ儲かる。みんなそうやっていって当たり前に土日も営業中。(平日休みのメリットもあるでしょう)
土日働いているような境遇の人が悪い様な風潮で、そういう所も競争している。あれ食べたいから今すぐ24時間営業の所へ、なんて我慢も出来ない人間が増えていくと思います。
でも結局お金持ちのためにそういう細かいサービスがあるのでなくなりはしないでしょうが。人は溢れるほどいますしね。(国内外問わず)
食品の廃棄率がどうとかいっていることも『贅沢』なんて言われたりするけど。商戦のご都合で品揃えとかをぜいたくにしているだけでしょう。
摂取カロリーなんて言いますが、職業別に調べたりしているでしょうか?動く分だけ必要になりますよね。
また所得によっても無駄に食べるかどうか違いがあると思います。カロリー取り過ぎな人が日本人に比較的多いだけです。
また『カロリー』で計算しちゃう当たりがおバカさんなのだと思います。その人が痩せているなら必要なものなのでなんら言われることはありません。おデブさんは別です。
では国による肥満率の差にケチをつけるのですか?民族やら遺伝子で肥満など体型にすでに差があるでしょう。だから無駄なことですよね。
その辺の高カロリーのものより低カロリーでも、手間暇かけて育てた動物の肉なんてとても贅沢ですよね。品種改良なんてまさに、『人間って偉いの?』というくらい。


『あなた達は幸せなんですよ?データをみてよ、ほらほら』と言いたいだけのよう。



●当たり前に考える時間も猶予もない
夜働いたり、安いお金で働くとか。特にサービス業、無形なモノを買いたい人達なんてつまりはお金持ち。お金持ちのための労働なんですよね。
普遍的にそこそこみんな食べるには余裕だからサービスを買う側でもある。だからぼやけているだけ。そしてまるで寝ぼけているように、忘れている。
また自分と同じような所得の人を攻撃して、少しもストレスを解消(できているのでしょうか?)したりする動物(ヒト)もいる。店員さんにあーだこうだいう人 お客さんのことをあーだこうだ書く人。こんな人達のおかげでお互いにイライラしているのはなぜでしょうね。
『儲かりまっか?』『ぼちぼちでんな』
くらいの事は言いたい。無言でもいいけれど。



もしかして普通にみんなと仲良く生きていたら、その『空気感』が心地良いのかもしれない。
『みんな』から外れた人がヘンな空気を抜け出して、いろいろなことにやっと気づけるのかもしれない。
まあこんなことをいっていたら、日本出ていけば とか言われそうですね。生まれる場所も身体も性別も、惑星も選べませんものね。ふふふ…。
多数派でいることで、ある種の勢いに乗って、虎の威を借りるではないけれど、強気になるのだろうかしら。
また作為的に選択されたデータであれこれ言われる風潮もなんなんでしょうね。



どんなところでくすぶっていても、しっかりとした目だけは養っていきたいですね。