この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

『死にたい』や『消えたい』とのつきあい(言葉と心)

実際書いている人自身が、そういう衝動に駆られます。それを防ぐために、客観的に考えていきます。
今のところは『消えたい』衝動のみです。
f:id:ahspgif:20160331015129j:plain
まずこれは自殺衝動と隣り合わせか別物なのかはまだ区別はついていません。自殺する前の身辺整理にも似ているけれど、死にたくはない。自殺する人自体『死にたくはない』のかもしれないけど、本当は。身体を投げようとは思わない。(ただの臆病者かもしれない)都合良く“リセット”したいという様な感情。死にたい訳じゃなくて消えたい、というものかもしれない。もしかしたらこの『リセットして再スタート』こそが本当の意味でのゲーム脳ってやつかもしれません。ゲームは主にストーリー、やり方だろうか。それというより自分の場合はキャラクターやアバターのリセット。


つまりはゲーム(人生)をやり直したい人は自殺衝動の様なタイプ、消えたい人は自身のアバターやアカウントを消したいタイプ。
私は死にたくはない。けれど消えたいような感覚。
これまでSNS等のアカウントを消して来てしまっている。嫌になった訳でもないし、例え個人的に嫌な相手ならブロックすればいいはず。そう相手が嫌な訳ではなく、自分が嫌になった。だからそのまま自身(アカウント)を消す。
長い時間コミュニケーションを取ることが出来ないのかもしれない。そんな自分に嫌気がさして、『自分には一期一会のインターネットがお似合いなのかな』なんて思ったりする。


また仮にこの世から去らなくちゃいけない時、自身のデータをすべて消したい。これは自殺する前の身辺整理に似ている。他人になんらかの形で世話にならないようにということでしょうか。


死にたくない。一般に肉体的苦痛がないのに『死にたい』と思うものなのか。(想像力が足らないのか)
自分の場合『消えたい』なんて思ったとき、『どこかでやり直さなきゃ』とその次に考える。ただそのあと、くしくも馬鹿みたいに洗脳された『お前は何も出来ないんだから、ずっとくすぶっていればいいよ』なんて言葉を真に受けて『あ、生きていちゃいけないんだ、早く死なないと…。やだやっぱり死にたくない、でも他じゃ生きていけないから我慢。』なんて他人の悪意に戸惑って堂々巡り。
途中で『やっぱり…』と思えないと、自死の道へ進んでしまうのだろうか。もしそれが他人の言葉や行動によるものならばなんて可哀想で、勿体ないのでしょう…。実際にもありましたよね。今もそう苦しんでいる人もいるでしょうね…。そう思うと自分の『消えたい』なんて衝動は糸屑みたいなもんですね。なにかを言った方は覚えていなくて、その先もヘラヘラ生きていくんですよね。『だれかの吐き出したゴミで死ぬのは馬鹿みたい。どうせならやり返して消えよう』と思いました。
そしてこれは僕が『死にたい』から『消えたい』に移れた道です。アホみたいに論理/言葉でそうなりました。もちろん言葉で考えたのでそう言えますが、どうして“そう”考えるに至ったかが大切ですよね。


『死にたい』と呪文のように言っていたとき(人生ではムダだったと思います。今思えば死ななくてよかった、のかな今のところ………と思います。)“自分は生きる価値がないからご飯を食べちゃダメだ”とか思い込んで、絶食していました。体重も今より7キロくらい軽く(今もBMI低いけれど)職場にいくまでずっと横になって寝たきりで、キチガイさんの元で働いたあとは、フラフラで帰りました。
また馬鹿みたいにネガティブな文章を読んでしまっていたり、暗いニュースばかりに気をとられていました。カーテンも閉めきって、日光も滅多に当たりませんでした。(かつ夜に労働していたので)
年齢や遠い同学年の知らせ等もあって、人生を考えました。半べそでご飯を申し訳なく頂きました。
f:id:ahspgif:20160331014938j:plain
『おいしい』
自分の情けなさからか、少し泣けてしまいました。そんなときから栄養学や人体について勉強し始め、食べ物が人生においてこんなに大事なこと男ですね。ただ自分の気持ちが変わっても、相変わらず世の中はそのままで。
『あんなに太っているのに、お金持ちなのになんで“心”がないんだろう』なんて思ってしまったり、
でもそこで、ああ全部自分のせいじゃないんだ。と
も思い始めました。そして生きていくなら『聖人君子』にならないとダメなような気がしています。
本当に食べることや太陽光に当たること(生き物なのでで当たり前ですが)人間にとって大切です。
みなさんはどうつきあっていますか?



一人語ってしまってお恥ずかしい…

私は消えたい。