この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

刷り込まれた『習慣』エネルギー 編

今はなんだか“ただ”の変態が多いと思います。とても残念です。後天的変態。本当は別にエネルギーを向けられるのに、くだらないモノに騙されてしまっている。ああ…勿体ない。
禁欲していますか?巷ではそれがいいのか悪いのか言われてますが(特に♂について)デメリットなんて言う人は、ただの中毒なのでしょう。ドーパミンやエンドルフィンに依存している。言ってみればマラソンランナーだって『頑張っている感』はありますが、脳内麻薬物中毒者といえばそれまですよね。その人と生活との折り合いで“快”をどの趣味や運動で求めるか、がいわゆる『パン』のみではない生きる目的なのでしょうね。



また年齢によってそういう感情がなくなったとして、 『エネルギー有り余る』という思春期は更年期とは逆の感じなのかもしれません。ただ年を取っただけが理由なら、その他のものも すべてにおいてエネルギーの枯れてしまっているということですよね。何のための脳なのか…。全体として活きがいい若いときから、コントロール出来ていれば人生悔いはないのでしょうね。
お風呂に入ると、心理的行動の『昇華』を思い出し、湯気と重ねるの。そのエネルギーが水からお湯になる。人間にガソリンはないけど蒸気はあるとおもうの。(つまんない比喩表現ごめんね)


性欲に限っていうと、愚図な大人がたくさんいます。みんながみんな『英雄、色を好む』を言い訳にしていますが、ヒーローからは程遠いその人。
またそういう人達を利用した仕事とは呼べない“商売はあります。『快』をお金で買っているのですね。フェミニストではありませんが、ゴミだと思います。(一部の男の人ごめんなさい)

そしてインターネットにより、そういうものが氾濫し、なんだか堂々としています。
さすがにうんざりしている人も多いのではないでしょうか?またそう思う人がたくさん居て欲しいと願います。
♂についていえば、ちょっと前に“ポルノ動画をよく見る人は線条体が小さい”(小さいから見るのか、見るから小さくなるのかはわかりません)なんて海外のものが相次いでネットの記事にされていましたよね。また側座核との関係も勉強しないといけません


また自分自身の集中や安静のリズムを捉えて、生活にうまく当てはめることも大切です。頭だけとか身体だけの日なんて『天才』あるいは『変人』しか無理です。なので一方だけ取り返そうなんて、後悔
した方が早いくらいです。過去の悔を別のエネルギーに変えるしかありません。ただなんとなくの時間を減らし、その分動くか眠るかの選択をしたいですよね。


もしポルノの氾濫が意図的なものならば、とってもこわ~いですよね。自分が攻撃的な他国の参謀でみあるならばそうするでしょうね。(眉唾な妄想ですが)
有限なエネルギーを他人に操作されないように生きていきたいですね。お風呂に浸かりながらそう思います。



あなたの“快”は生活にフィットしていますか?