この世のwannaからmeを守る

この世の罠から身を守る方法を考えていきます。

やっぱり『言葉は魔法』にはなれない。

“言葉に魔法があって、ちゃんとした言葉を使えれば、相手に伝わって分かってくれる”なんて思っていました。そんな単純に考えていて恥ずかしいですね。例えば『優しい言葉』より『現物』がまず満たされないといけません。災害の支援なんかにも言える話です。文字なんてお金よりも現実から遠いと思います。人に関して言えば“知識や技術の経験、それと実際の手間”にぬくもりを感じます。お金は無表情です。

言葉は確かに他の五感を呼び寄せる。でも音や色のイメージの方がよく響く。赤ん坊や外国人に『優しさ』と言ってみても『?』と顔に出るだけだろう(当然ですが)。その分音楽(音の和音、イメージ)は万国共通で優秀なんだろう。ジェスチャーなんかも(でも手話は国によって違うんですよね。せっかく言葉の壁のないものなのに…)そうすると自然に言語が形作られてきたのも不思議に思う。
人間が訓練で覚えてきたモノでとても頭のいい生き物にみえる。でもそれに騙されたり、期待してしまう。たとえ《『悲しい』『冷たい』『暗い』》なんて見たり聞いたりしても、涙や温度で受けとることはありません。純粋だと不意に落ち込んでしまいます。言葉から感じる、鈍感な人との感情や温度差にもショックをうけたりします。(こういうものは小学生くらいに考えていくのでしょうね)。でも実際に見たり聴いたりすると直接感じてしまいます。 実際には『見ざる言わざる…』なんて生きていけません。言葉と感情を引き離しても冷たい人と言われそう…。人間社会で生きていく身体には、随分染み込んでいるので“抜く”のは難しいでしょうね…。



そしてネットのごちゃごちゃした印象操作やイメージ付けで耳を塞ぎたくなる。視覚(文字)もあるから便利な分鬱陶しい。高度な文章や文字での表現なら様々な文化の派生の中の1つでしょう。ただ世間や世の中のほとんどは中学生くらいの言葉で会話をしていて、綺麗な表現は相手とのコミュニケーションには重きをおいていません(文章が好きな人を批判しているわけではありませんよ、洗練された文字は美しい)。頭のいい人達の専門用語じゃないけれど、正しくても理解されなければ独り言のよう。だからこそこうやって少しでも理解されたいと、ブログに書いているんですかね。(書いている人自身はまさにそうです)
昔の文豪に想いを寄せるわけじゃありませんが、文を書くのが好きな人は、言葉に思いをのせて、受け取って欲しいのだろう(昔の人がどう思っていたかは完璧にはわかりませんが)伝達手段が文字だけという環境もあったかもしれません。
そして文字はやっぱり数学よりだと感じる。



今までブログを書いているけれど、なんだかとても恥ずかしくなってきました。書きたいことが山ほど有るけれど、まるでひとりごとのような…。
他人と繋がるような文章でなければ、ノートに書いているのと変わらないような気がしています。特にこのブログなんて話し相手がぼんやりしている。
(コメントされている方、いつもありがとうございますね。)



文字がうるさくなって、以前よりも『口だけ達者な人々』が増えたように感じます。そして『他人を啓発させたい人』が多いなあと感じます。あなたは言葉をどうとらえていますか。


この文章に何か感じて頂けたら嬉しいです。