ギャンブルで生計を立てるブログ。

アスペが働かないで生きていこうとしていくブログです。この世のwannaからmeを守る。ちょっとだけごーしちご。

語尾による人格の特徴付けは天才的思考なり(言葉と人格)

(すいません紙に文字を書くということがめんどくさくなりました)

最初に考えたのはどなたなんだろうナリか?
所謂作品としては(かつ今思い出す程度としては)
(画像は利害のないリンクなので押さないでいいです)
【キテレツ大百科】ダイカットポストカード(コロ助)
我輩ナリか。

言語は性格に影響するとか、バイリンガルは話す言語によってそれぞれ人格変わるとか、はたまた多言語を理解することで頭がよくなるとかならないとか(メモリの無駄遣い)等々。
これに限らず、論の前になにか現象があるものナリね。

例えば日本語のなかには、ベイビーアイラービューなんて言葉はなくて。それの他にニュアンス等もあり、無理栗焼くして翻訳者がケチつけられたりする。それはなんとも言えない。

日本人が某国人のテンションを身に付けるには、外国語を習得しないと無理なんだろうと思います。
だから日本人の顔にはおよそ似つかわしくない横文字が横行している と感じるのだと思うナリ。

よく若者言葉なんて揶揄されるけど、言葉を作り出せるのなら批判するより外国から取り入れるより生産的で衛生的ナリ。
そうやって新しいテンションを手に入れてハイテクな環境にしていくのだろう。
でもどこの場所柄関係なく、語彙がすくないのは本能的にフィジカルで生きているからだと思う。

日本人はよく敬語謙譲語尊敬語があるといい、でもそれは相手の年齢性別(外国は性的に男女男女なのでそれを嫌な人もいるでしょうね)ではなくてポジション。
もともとポジションで会話をする人達なのでしょうね。少し悲しいですね。

皆さんは外国語好きですか?


さんきゅう 。


◇レスポンスをせざるを得ない程の訪問ありがとうございます。(5/5/17追記)

昨日のコロ助によるハローまたはシナジー効果なのかわかりませんが(ハイライトのカテゴリーが学問でいいのかもわかりません)
また1つブログを続けていてよかったと思います。

欝屈としたものですが良かったらご拝読、またご助力ください。

さんきゅーわんもあ。