ギャンブルで生計を立てるブログ。

アスペが働かないで生きていこうとしていくブログです。この世のwannaからmeを守る。ちょっとだけごーしちご。

自分は何も出来ないポンコツ(エリートさんにはなれなかった人生)

凡人、そう凡人なんです。それなのに夢を見てしまう、お恥ずかしい。エリートさんにはなれなかった。競争をしたことがない人生。ごくある田舎のおまけで生まれてきた命。『何をしてもいい』というよりは『なんもしなくていい』という具合に。
そう思っていた今まで以上に、『お前はなんもするな』と攻撃される(もちろん労力としては徴収されるけれど)。社会の歯車のはしっこの使い捨て部品としてあるけれど、大切でもなく、代わりは供給されず、ただ一方的に据え置きのよう。


社会としては働いて子供作って税金納めておとなしくしていればいいよーというような、善良な市民になればいいのだろう。ただ面白くはない。というよりはとても難しい、そして『普通』の人でないとなれない。普通ではないと“善良な市民”になれないの。
よくて、下駄を履かせて貰って『余裕』の上で生きていける。酷ければはしっこへ追いやられてしまうのよ。


文句があるなら自分でどうにかしなくてはいけない。そして日頃の他人の鬱陶しさがある種のエネルギーに変換できる。(あ、ごちそうさまです)
度々そんな吹き溜まりの外でも、無力感を感じることがある。その時は相手の悪意によらない、自分で思う確かで現実なもの。強い人達と対峙したとき、特にそう思う。
●お医者さん
●自動車等の整備
●パソコンの技術者
●ジャーナリスト(いわゆるレポーターを除く)
●警察消防自衛隊の人(実働する人達)
これらは言い換えると、なりたかった“理想の人”達でもある。社会の中では特異ではしっこだったりするけど、他の仕事が霞んでしまうくらいな方々。所得や役職/階級ではなくて、目に見えて“偉い”人達。


こういう人達自信やりがいは感じるでしょう。また特に接客業の人ならば『笑顔』がそう感じたりするのでしょうね。いいですよね、他人の笑顔。社内とか内々のお仕事だとそういうやりがいは全くないかもしません。本当にお金のためでやんなってしまう。まあでもそんな理想は幻想なんですよね…。
『やりがい』なんて長時間労働とか人が居着かないいいわけに使われちゃうし、しんどい思いをしている人は労うべきでしょうけど。ただの苦労なんですよね。まあ最低お金は発生中するでしょう。それもないなら働く意味がないですね。(そうしないと生きていけないのが現実でどうしようもないといえばそうなのですが…)


そういう『理想のやりがい』を得られないだけに、言葉だけの“やりがい”で馬鹿にされたりしてしまいます。泣きっ面に蜂どころか他方から蜂の巣にされてしまうところですよね。
また『他人よりマシ』という腐った肉、臭い言葉を求めるゾンビが溢れています。前向きな人の心を同化させ、腐らせていきます。みなさんも気をつけてください。



今までもこれからも『楽』ではないけれど、ただ『楽』な人生なんてつまらないし、『楽ではない』でも『面白い』、そんな人生を送りたいですね。自分で選択してきた道ではあるわけなので(ああ…あの時の自分をぶん殴ってでも止めたい…。)、ただ全体で考えが一致することは難しいかもしれませんね。とりあえず今は長い人生の中で我慢の時なのだろう。と少し馬鹿になって来ています…。現在も後から見たら『後悔』なのかな…。
なんだか過去の選択を思い出して後悔ばかり…。この先どうだろう…(1週間やこの春ですら)諸先輩方はどう思って生きているのだろうか。直には聞きづらいことは確か。ただ一人で悔やむことは時間のムダ…。先の為に “ちゃんとした人間”の方達とコミュニケーションをとっていきたいです。


こんばんわ。