ギャンブルで生計を立てるブログ。

アスペが働かないで生きていこうとしていくブログです。この世のwannaからmeを守る。ちょっとだけごーしちご。

『もう一個 』 それは砂糖の 甘い罠(刷り込まれた『習慣』食べ物 編)

チョコレートの甘い誘惑はキケンです。そういえばなんかそんなおじさん向けな漫画があったような。自分に色はありませんが、 原田さん演じる人の語り(曲のイントロ)が印象的でした。この映画のサウンドトラックの曲。

凶気の桜

凶気の桜

  • 薗田賢次
  • 日本映画
  • ¥2000
チョコレートやキャンディは、ザリガニやブラックバスと同じようなものかもしれません。


●食べ物の罠

スーパー、コンビニ
別のものと並べてみても、差がない方でしょう。
10年前くらいからでしょうか、添加物なんて問題視され始めましたよね。そういうものが入っています。時間がない人は出来合いのものを買って食べたりする。そこにあるからつい買って食べてしまう。みんな本当は手料理を食べたいのです。



添加物
今やネットにも多方載っています。スーパー、コンビニにも繋がってきますね。ただ賛否あって、量の問題とされる。けれどいちいち数えてもいなければ、意識してないようなもの。保存料着色料の量は快適てなくて、原材料名には量の多いものから載っていることしかわかりません。
なので現状『気にせず食べる』か、気になるなら『極力取らない』ようにするしかありませんね…。
添加物はわりと“新しい習慣”なので目がつきやすいだけなんですよね。また農薬なんかも賛否なモノですね。こういう“食べ物は人間以外も食べに来る”モノは石鹸、洗剤にも繋がってきます。“害だけをどう除くか”と試行錯誤されています。虫のいい考えなんでしょうね、地球規模で考えると。そして現代人もその試行の中にいますよね。



1日3食や1汁3菜などの習慣。
食事のリズムなんて病気してからやっと意識するようになるとか、自分の身体に『痛み』が来ないと人は学ばないのでしょう。特に歯なんかそうですよね。人間ってまだまだ馬鹿ですよね。意識するのはアスリートやボディビルダーくらいでしょう。そこまでいかなくとも、『筋肉』を意識する人達。またアスリートを思うと、日々の練習はもちろんですが、本当に身体は食べ物が影響しますよね。『お前はアスリートなの?食べ物ならなんでも…』よくありません。そういう当たり前が苦しい。“当たり前に何も考えないで生きる”のは利口ではありませんよね。また、そういう少し違うことに批判的な人にあれこれ言われるのはバカみたいな時間です。



『食感』を求めるロボット。
現代人の食事は身体の為に食べているのではなく、脳みその為にムダに食べているんですよね。脳の為に見た目を気にしてダイエット。例えばお菓子なんて(まあ大概お菓子自体『〇〇っとした食感』なんていっていて)食感だけのモノです。そして不摂生というやつですね。何十年後でやっと明らかな差が身体に出てくるのでしょうね。そうするとまたそういう“差”が苦しくなる。食べ物やダイエットのに関わる会社はあなたのためとは思いません。不健康ならお医者様へかかってまた出費ですね。また不摂生な人のために保険料が負担されていくのかもしれません。微々たるものでしょうが。
『見た目は内面から』なんて言われててやっと気づくのでしょうかね。


ベジタリアン。
私は現状ラクト・ベジでしかありませんが、段階的に偶然にも試験的に体感を覚えていっています。卵をぬいて身体が楽になりました。(卵アレルギーではないでしょうけど。花粉症の原因が花粉の累積なら、卵もそうかもしれない。)次は牛乳を抜いていこうと思います。
ビーガンという菜食主義の前にはお肉以外に魚(ペスコ) 卵(オボ) 牛乳(ラクト)がありますよね。お肉はもちろん、油や糖のとりすぎは当然しないとして。牛乳でいうと、給食やビンの配達が牛乳を飲む習慣として入ってきたのでしょう。『習慣』にしてしまえば…というような。こわーい…。お肉にもそういうものはあるでしょう。



日々 自分で選択して生きていると思っても、実は出されたものの狭い範囲で選ばされてるんですよね。人生とはなんなのでしょう。考えます。



あなたは自分で“選んで”生きていますか?